妊婦にとっての体重管理研究会 TOP

妊婦にとっての体重管理の常識

体重管理は妊婦にとって非常に重要になります。
ですが、妊婦の体重管理は最近常識が変わりつつあり、
一昔の常識が通用しないことが多くなってきました。
自分の親はこうだったとむやみに意見を取り入れるのも、
忠告するのもあまり良くないのです。

一番の誤解されやすい常識は、妊婦の時はいくら太ってもいい、
太るのが自然という常識です。
確かに、子供が体にいるのですから太るのは自然なことです。
ですが、妊婦が過剰に太ってしまうと妊娠中に、
妊婦にも胎児にも非常に高いリスクが生じてしまうのです。

妊婦にとって重要なのは、赤ちゃんが発育するために必要なミネラルや
栄養素をしっかり摂れているかということなのです。
太るという為に食事の量を増やすよりも、バランスの良い食事を摂るだけで
自然と体は太るようになります。
これは、ホルモンが働いて自然と体重が増えるようになるのです。
ですから、余計に食事を摂るような事は止めるようにしてください。
太り過ぎると起きやすい妊娠中のリスクとしては、
むくみ、高血圧、タンパク尿といった症状が出る妊娠中毒症と
いった症状が発生するようになります。

妊娠中毒症は、お腹にいる赤ちゃんに酸素の供給量が著しく減少し、
発育に大きな影響を催します。



また、妊娠期の糖尿病を発症することもあります。
血糖値が高くなるため、赤ちゃんの体脂肪が多くなります。
その結果、自然分娩での出産が困難となり、妊娠中もしくは
出産中のトラブルが発生しやすくなります。
また、内臓の機能が未熟な赤ちゃんが生まれることもあるようです。
腰痛や膝痛、子宮口に脂肪がついて出産困難に、出産を終わった後の
腎臓病の発症のリスクが高くなってしまうのです。

妊娠中に体重を増やそうというのは一昔の常識です。
これからは、体重を増やそうとするのでは無く、
必要な栄養素をしっかりと摂ることが何よりも大切になります。

妊娠中の体に起こる変化に疑問を思ったら

妊娠すると自分の体がとう変化するのが正常なのか、
知っておきたいものです。
しかし、そういった部分をわかりやすく解説した
医学に関する記事をあまり目にしたことが無い方も多いようです。

今回は、自分の体に起こる変化が正しいものなのかを
含めてしっかりと解説していきます。
初めに、妊娠した体重の増加分はどういったものの重さか、
知っている人はあまりいないので、ここから解説していきます。
大きくなった子宮と赤ちゃんを守るための栄養分が2kg、
妊娠によって増えた血液の重さも含みます。
正常範囲ですと7~8Kgが理想で、それ以上太っている方は
脂肪が蓄積していると考えていいでしょう。

こうした状態を避けるには、体重の増加分を
常日頃測っておくのがベストです。
その理由じゃ、一週間で500g以上増加した場合は
妊娠中毒症のおそれが出てきてしまうので注意が必要となります。
体重が増加しやすいポイントと注意すべき箇所に関して、
紹介するとつわりが終わった直後が一番太りやすいのです。
その理由は、胃のムカムカが治まってようやく食べられるという開放感から、
いろんな物特にこってりとしたものを食事として食べてしまうのです。
こうした事を予防するには、自分が食事をしたものの記録をつけるのが一番手っ取り早いのです。
そして、食べる前に自分がどれくらい食事をしているか認識するべきです。



妊娠中は安静と言ってとにかく、体を回復させたりして、
体を休めるようにします。
その為、動かないので運動も出来ないので、太るのもその一因です。
運動で体重を減らそう、管理しようというような事は
妊娠中は通用しないのです。

今までに感じたことない気苦労も増えるので、白髪も目立つことでしょう。
そんな場合も、気分転換だと思ってルプルプ体験談などを参考に
髪をいたわることも大切です。
毎日同じ時間に体重を計り、常日頃の体重の変化、
前日との増加分を確認することです。
これは、自分で自分の体は守るというような習慣をつけることで
出産後のダイエットにも非常に役に立つ習慣です。
また、妊娠中は塩分の蓄積が多くなるので、妊娠中は塩分を摂る量を
通常の量よりも少なめにすることが肝心なのです。